アルコールをとにかく外に早く排出するには、水分をたっぷり摂るのが一番で、サウナに入って汗をかくと、血中アルコール濃度が逆に高くなるので、逆効果です。

 

ポカリスエットなどで水分を多めにとって代謝を高めると効果的です。アルコールを外に排出する食べ物としては、はちみつが推奨されています。はちみつに含まれる果糖がアルコールの分解を促進し、頭痛を軽減させる効果があると言います。トマトもおすすめで、飲酒した後に食べると体内のアルコール消失が早まります。ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜も良く、スルフォラファンというフィトケミカルが含まれているからです。

 

他にも、キャベツ、大根、カリフラワーなども、アルコールを外に排出する食べ物として有効です。柿もおすすめで、二日酔い防止効果があります。柿に含まれるタンニンが胃の中のアルコールと結合するので、アルコール濃度が柿を食べると低くなります。

 

アルコールによって激減するビタミンCも補えるので、アルコールを外に排出すると共に、一石二鳥の効果があります。ゴマも有効で、含まれているセサミンが、肝機能を高めます。

 横浜居酒屋おすすめ

二日酔いになったら
二日酔いになったら、どのように対処すればいいのでしょう。まずは、何より、水分補給が大事です。水、お茶、スポーツドリンクなどで十分に水分補給することです。肝臓が分解し切れなかったアルコールが体内に残ることで二日酔いは起こるので、何より、体内に残ったアルコールを体の外に排出させなければいけません。水分を大量に摂取すれば、体内に残ったアルコール濃度を薄くすることができます。飲み物には、スポーツドリンク、みそ汁、コーヒー、トマトジュースなどがありますが、体全体に良いものを選ぶのであればスポーツドリンクが一番良いでしょう。放尿作用のあるカフェインを摂取するのも有効で、コーヒーや緑茶などでも良いでしょう。二日酔いになったら、ビタミン補給も大事です。ビタミンにはアルコールの分解を促進させる効果があるからです。特に、ビタミンたっぷりの果汁100%ジュースなどはおすすめで、一緒に水分も摂取できるので効果的です。ぬるめのお風呂に入るのも良く、二日酔いになったら、汗をかいて新陳代謝を活発にすることが大切です。ぬるめのお風呂に入れば血行が良くなり、低下した心臓の働きを高めてくれます。