お酒のチャンポンとは

お酒のチャンポンというのは、色んなお酒の種類を混ぜて飲むことです。1回のお酒の席で、いろんな種類のお酒を飲むことを指し、ビール、焼酎、チューハイなどごっちゃ混ぜにして飲む行為を指します。ちゃんぽんすると悪酔いするので注意しなければなりません。長崎ちゃんぽんから、その由来がきていて、さまざまな肉、野菜、海産物を混ぜたものが長崎ちゃんぽんです。色んなことを混ぜ合わせることが、ちゃんぽんで、お酒の場合、色んなお酒を交互に、あるいは引き続いて飲むときにそういいます。

 

 

 

多種類の酒を一時に飲む行為で、酒と一緒に他の物を飲む時に、お酒のチャンポンと言います。2種類以上のものをまぜこぜにすれば、もう立派なちゃんぽんで、例えば、日本酒とウィスキーをちゃんぽんにして飲むとよく言います。お酒のちゃんぽんが体に良くないのは、つい飲み過ぎてしまうからです。酒にはビール、焼酎、ワイン、ウィスキーなど色々ありますが、一番酔いやすいのが、色々な種類のお酒を飲む、ちゃんぽんなのです。味が変わるのでつい飲み過ぎてしまい、ちゃんぽんでアルコールの種類の違うものを飲むと、胃を刺激しやすく、吸収が良くなるので酔いやすくなります。