お酒の断り方

お酒の断り方というのは、非常に難しいもので、無下に断ると相手に不快な思いをさせます。そのため、上手な断り方を身につけておかなくてはなりません。お酒の断り方には色々な方法がありますが、何としても断りたいなら、具体的に、肝硬変の診断書を見せると良いでしょう。さすがに医師の診断書を見せられると、相手はそれ以上、誘えません。ただ、常に診断書を持ち歩いていないといけないので、面倒です。

 

 

手軽に断りたいなら、元々体質的に飲めないと打ち明けることです。大人になると、何かにつけてお酒を飲む機会が増えるものですが、本当にお酒が飲めない人は、その場の雰囲気を壊すことなく、上手に断る必要があります。止むなく断り切れず、お酒の席に着いた時は、無理して飲まず、自分が飲めないことを告げることです。我慢して飲んで気分が悪くなってしまうよりは、最初からきっぱり断ってしまった方が良いです。断り方としては、アルコールに弱い体質であることを告げるのが王道で、両親をはじめ、家族も弱くて、アルコールに弱い家系であると言えばいいでしょう。今は、資格試験に合格するまで禁酒しているので、という断り方もあります。無難なのは、体調不良や薬の服用中を理由に断ることです。