二日酔いになりにくいおつまみ

二日酔いになりにくいおつまみがあります。それは、飲みの席で定番の枝豆です。体内に入ったアルコールが分解し切れずに起こるのが二日酔いですが、枝豆に含まれているたんぱく質やビタミンCには、アルコールの分解を助ける効果があります。それゆえ、飲み始めに食べておくと二日酔いに効果があります。冷奴や揚げ出し豆腐なども大豆の加工食品なので、同様におすすめできるおつまみです。また、おつまみに最適なのはメチオニンで、酔いの進行を抑える効果があります。メチオニンを含むおつまみのメニューとしては、焼き鳥、鶏の唐揚げがあります。焼き鳥は、二日酔いになりにくいおつまみで、お酒を飲みながら摂るのが効果的なのです。

 

 

チーズも良く、お酒を飲む前に乳製品を摂ると、胃壁を守ってくれます。チーズには肝機能を向上させる効果もあり、アルコールを分解する力が高まることで、二日酔いを防止してくれます。二日酔いになりにくいおつまみには、アサリのタウリンも効果的です。アサリに含まれるタウリンには、肝臓の働きを強化する作用があり、アルコールを分解してくれます。アサリのバター焼きや酒蒸しなどが居酒屋のメニューに多いのは、そうしたゆえんです。