二日酔いに効くツボ

二日酔いに効くツボは、体のあちこちにあります。まず、吐き気を抑える巨闕というツボがあります。二日酔いで胸がむかむかして吐き気があると、つらいものですが、このツボを抑えると、とても効果的です。体の中心線上にあるツボで、みぞおちの上にある骨から、指三本分下にあり、仰向けに寝た状態で、ゆっくり圧力をかけていきます。二日酔いで頭痛に襲われた時は、百会というツボが有効です。頭の痛みを和らげるツボで、頭のてっぺんにあります。

 

 

頭頂部にあり、左右の耳の延長線上と鼻からの延長線とが交わるところにあるツボで、指の腹で指圧すると頭痛が解消されます。頭痛には天柱というツボも効果的で、首すじの筋肉の外側で後ろ髪の生え際にあるくぼみです。両手の親指で頭を持ち上げるようにして押すと頭痛が和らぎます。両乳首の真下にある肋骨の境目のところにある期門というツボも二日酔いに効果的で、両手の付け根で押しもむようにします。30回くらい刺激すると効果的です。二日酔いで特に吐き気や気分が悪い時は、親指と人差し指の骨の延長のぶつかるところにある合谷というツボがよく効きます。人差し指側に親指の頭で押すと胃や胸のムカつきに効果があります。