悪酔いする原因

 

悪酔いする原因は、どこにあるのでしょう。悪酔の原因は、精神的な物も影響しますが、やはり、アルコールの飲み過ぎが最大の要因です。悪酔いしたくなければ、とにかく飲み過ぎないことです。アルコールを大量に飲むと、悪酔いしやすくなり、頭痛や寒気、吐き気などの不快な症状を呈します。1時間で肝臓が処理できるアルコール量は、日本酒で0,3合ぐらいなので、悪酔い防止として、これを目安にして飲み過ぎないようにすることです。意識して極力ゆっくりお酒を飲むように心がけることが大切で、勢いで飲み過ぎると、どうしても悪酔いしてしまいます。

 

 

体調不良や疲労、睡眠不足、ストレスなども悪酔いの原因なので、体調不調がある時は、お酒の量を控えるように気をつけるべきです。悪酔いの原因物質は、アセトアルデヒドと言われています。アルコールは、最初にアセトアルデヒドに分解され、次に酢酸に分解され、最終的に水と二酸化炭素に分解されて体外に排泄されます。アセトアルデヒドが体内にたまると、気分が悪くなります。色んなお酒をチャンポンするのも悪酔いの原因と言われますが、お酒の種類が変わることで限度を超えて飲みすぎてしまうことに真の原因があります。